オーナー通信セミナー開催報告やオーナー様に役立つ情報、お届けします。

The Newsletter for Owners

2014年4月号

入居者サービスで獲得する長期入居者

桜が満開です。
まだ冷たい風が吹く時がありますが、桜以外にも花が咲き乱れています。
もう季節は後戻りしません。
お元気にお過ごしでしょうか。

いま会社の方は1月から3月の繁忙期を終えて、少し落ち着いてきた所です。今年の繁忙期は全体として昨年より1割位来客が減りました。そして特徴的だったのは、部屋決めが3月後半に集中したということです。学生が最後まで進学先を決めなかったからです。3月30日に国立大学の補欠入学が決まったために、契約を済ませた部屋をキャンセルした人もいました。国立大学の授業料は私立大学の3分の1なのだそうです。

一方社会人は就職という理由の部屋探しは全くありませんでした。相模原という経済圏に雇用を提供できる企業が減っているからだと思います。社会人の部屋探しの理由は、結婚・離婚・同棲・ルームシェア・家賃節約などです。生活保護を受給する目的の人もいます。ファミリータイプの部屋は、探す人も少ないですが、出る人も少なくなっています。一時多かった住宅購入による退室も今シーズンは少なくなりました。

当社では契約してくれた人に次のようなアンケートに答えてもらっています。

設問 当社のどういった点に関心を持っていただけましたか。(複数回答可)
□礼金ゼロ敷金ゼロ  □退室時修繕義務なし  □保証人不要システム  □入居者サービス  □24時間対応  □防犯体制  □お掃除隊  □カラーリング □インターネット環境 □宅配ロッカー □ゴミBOX  □冷蔵庫・洗濯機  □その他

ほとんどの人がマークするのが礼金ゼロ敷金ゼロです。退室時修繕義務なしも多いです。入居者サービス・24時間対応・防犯体制も評価されています。お掃除隊をチェックする人もよくいます。最近はインターネット無料使い放題というのも決定力を持っています。

その他の項目でよく挙げられるのは、担当者の対応が良かった、アパート・マンションがよく掃除されていた、お店が綺麗だったということです。こういう評価は来店前にホームページや口コミで知っているのだと思います。来店前にホームページで会社調べをするのが普通になっています。 担当者の対応について聞く項目もあります。ほとんどの人が対応が良いという所にマルをしてくれています。対応に満足してくれたので部屋決めをしてくれたのです。

他社も含めて全体としてみますと、入居希望者は減り、空室が増えていくという状況です。そのため強烈な家賃値下げ競争が起きています。決まるまで下げるという感じです。当社ではこの競争に巻き込まれないように対策をたてています。物件の立地やグレードや築年数などによって対応を変えています。

実際部屋探しのお客様にも色々な人がいて、それほど家賃にこだわらない人も多くいます。安全や環境、駅や学校からの距離、部屋の好みとかを優先する人たちです。設備やカラーリングや趣味性の高いリフォームで部屋の商品力を向上させて、家賃維持をはかる対応をとる物件があります。リフォームをそこそこにして、少しの家賃低下を容認する物件もあります。手入れを最低限にして、家賃値下げ競争に参戦していく物件もあります。

総じて当社の設定家賃は高めです。礼金を取らず通常損耗を貸主負担にしているので当然です。築30年でも満室で、新築当時の家賃よりも高い物件もあります。築15年20年で新築時の家賃を維持している物件も数多くあります。 部屋を探している人に選んでもらえる物件、入居している人に永く住んでもらえる部屋作り、入居者サービスというサポート体制をつくっていきます。実際10年20年と永く住んで頂いている人も沢山います。それがワンルームでも起きていることです。結婚をしないで単身生活を続けているという人で、かなりの数の人がいます。

今年の春は100点満点で90点というところです。少し空室が出てしまいました。4月に入っても、少しは部屋探しのお客様はいます。学生ですと、実家から通いきれない、寮の門限が早くて困る、学校の近くが良いというような理由の人が部屋探しをしています。これからも1室でも多く入居者を見付けて、空室を無くしていきます。

これからはアパート・マンションの改善提案と、共用灯の交換、屋上清掃をやっていきます。
先日の大雪で樋が壊れた所も出ています。
少しでも良い部屋と建物づくりを目指していきます。

これからもよろしくお願い致します。

最近の記事
2019年11月号
「選ばれる経営を」と「『これから』に備えて」
2019年10月号
「これからの賃貸住宅経営」と「日々の積み重ね」
2019年9月号
「これからの課題」と「絶対評価で選ばれる」
2019年8月号
「需要と供給の変動」と「『当たり前』の推移」
2019年7月号
「時代の変化と変わらぬ努力」と「寄せられる声と真摯に向き合う」
過去の記事
2019年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

2018年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2017年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2016年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2015年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2014年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2013年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2012年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2011年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2010年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2009年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号

2008年

1月号

2月号

3月号

4月号

5月号

6月号

7月号

8月号

9月号

10月号

11月号

12月号